舌苔ができる10の原因!舌ブラシがおすすめできないワケとは?!

舌苔ができる原因は大きく分けて10個!その原因を知った上でわかる舌ブラシによる舌苔対策が好ましくない理由を解説します。
MENU

舌苔ができる10の原因とは?!

舌苔の人の舌

 

舌苔と呼ばれる舌の上にできる謎の物体!

 

その物体の正体は、食べたものの磨き残し!

 

また、舌から剥がれた上皮のカス、さらには口の中に元々いる細菌達が
その食べカスに群がって複合的な塊となり舌に付着しているものと考えられています。

 

舌苔は誰にでも少なからずあるものです。
ただ、できるととても毛嫌いする人が多い!

 

その原因はなんといっても舌苔がきつい口臭の原因になる
いわれるからではないでしょうか?

 

舌苔の中に含まれるタンパク質は細菌にとって良い餌になります。
そのため、それを栄養分として代謝することで悪臭成分が生成されるのです。
しかも、世の中の口臭の原因の約6割がこの舌苔といわれているくらいです。

 

舌苔による口臭原因の割合

 

では舌苔自体ができる原因とは一体なんなのか?!

 

原因は正直たくさんあります。
もちろん、人によって原因が異なる可能性も高いでしょう。

 

原因は諸説あるというわけですが。
ここではまず、そんな舌苔が発生する代表的な原因を
10個まとめて紹介させて頂ければと思います。

 

舌苔の原因 原因の詳細 主な対策案
@口呼吸 口呼吸は口内を乾燥させて唾液の循環を悪くするため、舌苔が蓄積されやすくなります。鼻炎気味の人も口呼吸になりやすいので要注意です。

口呼吸の矯正
鼻炎対策

A副作用のある飲み物、薬等 例えば、コーヒー、栄養ドリンクのようなカフェインの多い飲み物はその利尿作用により唾液の分泌を減らします。そのため、舌苔が蓄積されやすくなると考えられています。また、お医者さんに処方された薬にも同様の影響がある場合もありますし、抗生物質が投与されると黒い舌苔ができる可能性もあります。 副作用のある飲み物、薬を控える
B不規則な生活習慣 例えば、睡眠不足、食事の栄養が偏っている、運動不足等、こういった生活習慣の乱れは人の自律神経のはたらきを弱めます。それが結果として唾液の分泌量減少につながり、舌苔が蓄積される原因となります。また、生活習慣の乱れは体内由来の口臭発生のリスクにもなりますがこの対策であればサプリメントが良いかもしれません。臭ピタッ等が口コミでは評判が良いようです 生活習慣の改善
C過度なストレス ストレスも人の自律神経のはたらきを弱めて、唾液の分泌量を減らします。簡単な例が緊張しているときとかです。そういうときは舌苔が形成されやすいということです。 自分に合ったストレス解消法を探す
D加齢 歳をとると誰でもですが、唾液の分泌が減るもの。これは生理的に仕方ないことですが、歳をとればとる程舌苔は蓄積されやすくなります。 舌ブラシ等での除去
E喫煙 タバコに含まれるニコチンには血液の循環機能を低下させ、唾液の分泌を減らす副作用があります。そのため、舌苔が蓄積される原因となるんです。 禁煙
F虫歯 虫歯菌に侵食されて溶かされた歯や歯茎等がそのまま舌苔の一部になるリスクが1つ。また、虫歯によってできた歯間等に溜まる食ベカス等がそのまま舌苔になるリスクがあります。 歯磨き等の虫歯予防
G水分の摂取が少ない 水分をあまり摂取しない人はそれだけ口内が乾燥しやすく舌苔がたまりやすくなります。また、唾液の分泌が少なくなるというのも原因です。 こまめな水分補給
H舌の運動機能低下 舌の運動機能が低下することで、唾液量が減少して舌苔が蓄積されやすくなります。舌の運動機能低下の原因としては食事の際の咀嚼回数が少ない、加齢等が考えられます。

食事をよく噛んで食べる。
ガムを噛む。

I歯磨き等の不足 歯磨き等が不足していれば、磨き残しがそのまま舌苔の一部になって蓄積されてしまいます。 丁寧な歯磨き、その他オーラルケア

 

このようにひとえに舌苔の原因といってもこれだけあります。

 

ただ、最も根本的な部分だけを抽出すると’’唾液の分泌量が減る’’というのが多くの原因に
共通しているとわかります。

 

そして、上記の表では少しだけそれらの対策についても触れてみたのですが、
それらの原因全てを根本的に解決するのは正直言ってかなり難しいところ・・・

 

例えば生活習慣の改善、ストレスの改善、禁煙等は一筋縄ではいかないようなことの
ような気がしてなりません。
解決には時間とお金が結構かかりそうですしね・・・

 

 

すぐできる舌苔対策の定番は舌ブラシだが・・・

舌苔の根本的な解決が難しい、
口臭の原因にもなるし、とりあえずでも改善したい!

 

そんな人の多くがまず最初に実践するのが舌ブラシによる舌苔の
物理的な除去だと思います。

 

舌ブラシ

 

毎日歯磨きみたいな感じで舌を磨くだけですし、
習慣になってしまえば楽というのがあるんでしょう。

 

もちろん、この舌ブラシによる舌苔対策は即効性もありますし、
私もとても有効な方法の1つだと思います。

 

ただ、舌から舌苔を剥がしとるこの行為にはリスクもあるんです。

 

舌ブラシによる舌苔除去のリスクとは?!

口臭等が気になるあまり舌ブラシに頼って1日何回もゴシゴシと力強く舌を
磨いてしまう人って結構多いと思います。
なんとか対策したいという気持ちは私もよくわかります。

 

ただ、この何回もゴシゴシという行為が実は色んな意味で逆効果となってしまうんです。

 

舌は私達が思っている以上に繊細な器官!
すごく柔らかく、表皮もごく薄い粘膜に覆われているのみです。

 

そのため磨き方を間違えれば舌を傷めて、舌にある味蕾と呼ばれる味を
見極める感覚器に異常を与えることがあります。

 

また、舌苔は舌の表面を保護する役割を持っているため、
全くなければ良いというわけではありません。
多少は舌にとって必要なものなんです。

 

また、口臭のリスクに着目した場合も、
舌磨きのしすぎで舌苔を除去しすぎると、舌の上に唾液を溜めておく機能が
正常に働かなくなり、舌が乾燥してしまいます。

 

これによって口の中全体が乾燥し、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、
余計に口臭がきつくなってしまうという可能性も十分ありえます。

 

これは急激に舌を保護する機能がなくなってしまうことで生体防御反応が働き、
より早く舌苔を作り舌の表面粘膜を保護しようとする働きによるもの
と考えられています。

 

舌ブラシ以外の舌苔の対策とは?!

舌ブラシはやり方を間違わなければ効果自体はあると思います。

 

大切なのは1日1回程度の頻度に抑えて
とにかく丁寧に優しくやってあげるということです。

 

ただ、正直やっぱり舌苔が気になってなんとか無くしたいと思っている方は
わかってはいても気合を入れてやりすぎてしまうもの!

 

そういった意味でリスクが大きく個人的には
舌ブラシはあまりおすすめできません。

 

では舌苔の原因を解決する他の方法はないのか?!

 

いくつか方法はありますが個人的には
舌苔除去に効果のあるマウスウォッシュを使う。
もしくはそれと舌ブラシを併用するのがオススメです。

 

マウスウォッシュで舌苔中のタンパク質を溶かして剥がれやすくしたり、
また、殺菌効果によって細菌を除去することで最低限の舌ブラシでも
十分な効果が望めるからです。

 

そんな効果を秘めたマウスウォッシュが下記のオーラクリスターゼロです。

 

オーラクリスターゼロ

 

私もこのオーラクリスターゼロに出会ってから
舌苔が少なくなったことはもちろんのこと、それにともなって
気になっていた口臭を改善することができました。

 

オーラクリスターゼロには「シメン-5-オール」と呼ばれる薬用成分が配合されており、
舌苔を減らしたり、口臭予防、虫歯予防、殺菌作用、抗炎症作用、
歯周病予防効果など様々な効果が期待できます。

 

ちなみにどれくらいの舌苔への効果があるのか
口臭への効果を参考に私の場合を紹介します ↓ ↓ ↓

 

オーラクリスターゼロを使う前

オーラクリスターゼロを使う前の口臭の強さ

 

上記はタニタの販売している’’ブレスチェッカー’’
口臭の強さを0〜5の数字で即座に表示してくれる機器です。

 

これにより測定した私の普段の口臭は3(まぁまぁ強い)といったところになります。

 

オーラクリスターゼロを使った後

オーラクリスターゼロを使った後の口臭の強さ

 

ブレスチェッカーの数値は0、もしくはあっても1くらいになります。
そして、これを使うと口の中がとてもすっきりするというのも特長としてあります。

 

さらにオーラクリスターゼロにおまけで付いてくる舌ブラシを
併用することでより舌苔の量が減少して、口の中がすっきりする感覚がありました。

 

 

もちろん、モンダミン等の市販で売っている安いマウスウォッシュも
試してみたことはあるのですが、値段相応なのか舌苔が大きく改善されたり、
口臭が改善されたりということはありませんでした。

 

オーラクリスターゼロは少し値ははりますが、
私は1本で2〜3か月はもちますし、その分効果に関しては申し分ないので
愛用している感じです(^^)

 

このページの先頭へ